日常生活で気軽に取り入れられる、バストアップ法

2015-02-18_043735

女性にとって胸の悩みがあると着ている服も決まらないし、バストアップは永遠の課題ですね。小ぶりな胸ならボリュームを出したいし、そしてボリュームのある胸でも形よくアップしたいですね。

 

お金をかけずに日頃の生活からできること、を意識して、バストアップの方法3つをまとめてみました。

食事のボリュームを増やしてバストアップ!

2015-02-18_043533
遺伝、体質もありますが、少し太った方が胸にも肉はつきやすいです。バストが小さい人は細い人が多いですので、食事の量を増やした方が良いでしょう。一度肉付きがよくなると、多少痩せても胸は残っていることも少なくありません。

 
たんぱく質は肌や髪をつくる元になるので減らすのは良くないというのは、最近のヘルシー志向からも知られていることですので、気をつかっている方は増えているかもしれません。しかし、体の余分なお肉になりやすいからと、炭水化物や脂肪をカットするのは、女性の体にとって大事な柔らかさを減じてしまう可能性が高いです。

 

 
炭水化物抜きダイエットは非常に手っ取り早く体重をカットしてくれますが、その分女性らしい肉付きも失いがちです。また脂肪や油分を極端に避けるのも、女性の肌の潤いを少なくしてしまいます。

 
体重を増やしたくないという人は最初は面倒かもしれませんが、自分の体重をキープするのに最低何gの炭水化物や脂肪、タンパク質などが必要か分析し、必要分のみを摂るようにしてください。

 
よく大豆がいいと言われますが、大豆は植物性たんぱくでヘルシーなイメージがありますが、意外に脂肪分が多いです。このあたりもバストのボリュームアップと関係があるのかもしれません。

運動で形よくバストアップ!

運動すると胸が痩せやすいといいますが、特に胸が痩せてしまうのは、ランニングのような胸を揺らすような激しい運動なのだそうです。ランニングは体重や脂肪を一気に落としてくれるという意味では効果的な運動ですが、バストをボリュームアップさせようとなると少し難があるようです。

 
筋トレのような無酸素運動は、直接すぐに体脂肪を分解することにはつながりませんが、基礎代謝を上げることで痩せやすい体質に、また腕立てふせで胸の土台をつくって、胸の形を良くしてくれます。

 
腕立て伏せが苦手な人は膝をついたまま、また立ったまま壁に手をついて腕立てをする方法もあります。

胸の形を整えてバストアップ!

自分のサイズに合ったブラ選びも大切です。サイズのフィットしていないブラは確実に胸の形を悪くします。胸の周りの肉を集めるようにして、ブラにおさめるといいと言われます。

 

朝着替えるときだけでなく、日中でも気づいたらメイク直しの感覚で胸とブラのお直しをします。日頃から胸の形を整えることを意識していれば、体のラインが自然と理想に近づいていきます。バストのマッサージも効果的です。

まとめ

以上3つの方法なら日頃からとりいれやすいバストアップ対策だと思います。サプリや補正ブラなども出ていますが、まずは日頃の生活からバストアップに良いといわれることをとり入れて、理想の胸に近づけるように取り組んでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です